放射線技師の職務内容

1.放射線技師=X線を使う人?

放射線技師は、X線撮影業務ができる数少ない資格の一つです。診療放射線技師法によると、人体に害を及ぼす恐れのある診療放射線を照射できるのは、診療放射線技師および医師・歯科医師のみと規定されています。医療の進歩に伴って放射線を使った検査は多様化しています。また一方で、X線を用いない画像診断装置に関する業務も、放射線技師の業務内容として少しずつ増えてきています。

では、診療放射線技師の業務にはどのようなものがあるのでしょうか。

2.診療放射線技師の業務内容

放射線技師の業務は、医師や放射線技師のみが行うことのできる放射線を扱う業務と、臨床検査技師などの有資格者でもできるその他の業務とに大別されます。

《放射線を使った業務》

  • X線撮影(レントゲン撮影)

    多くの人が知っていらっしゃるレントゲン撮影は単純X線撮影というのが正式名称です。X線撮影はX線という放射線の性質を利用して身体の異常を画像化して診断する手法です。主に骨や肺の病変を映し出す画像診断として長い間利用されてきて、現在でも基本的な検査手段として利用されています。頭部・頸部・四肢の骨折の検査のほか、肺がんや肺炎の恐れがある時の胸部X線撮影、腸閉塞や胆石などの恐れがある時の腹部X線撮影などがあります。CTやMRIに比べると読み取れる情報量は少ないですが、現在もその簡易性や利便性から頻繁に利用されています。

  • CT検査

    CTとはComputed Tomographyの略で、その名の通りコンピューターを利用したX線撮影になります。X線撮影で得たX線透過量の差をコンピューターで処理して身体の内部を画像化します。通常のX線撮影より詳細な画像を撮ることができ、より精密な検査が行えます。

  • 血管撮影(アンギオグラフィ)

    血管の内部の写真を撮影する業務です。その手法としては血管内に造影剤というX線が透過しない物質を注入したのち、X線撮影を行うというものです。大きく分けて心臓カテーテルから造影剤を注入する方法と、シャントから注入する方法があります。最もこの撮影が行われるのが冠動脈ですが、近年では神経血管の撮影も行われるようになっていて活躍する場面は増えています。

  • 透視

    一般のX線撮影ではうつらない部分を、造影剤を利用することで撮影するものです。整形の透視や胃や食道などの消化器透視などがあります。特に胃のバリウム検査は、消化器系の病院だけでなく健診でも必要となり、熟達した技師は重宝されます。

  • マンモグラフィ

    女性の乳がん検診で行われるX線検査です。放射線技師の業務のほとんどは患者様に触れずに行うものですが、マンモグラフィは、乳房を器具に挟んだ状態で撮影するという性質上、患者様に痛みや不快感を与える可能性のある業務であり、撮影技術とは別に熟練のスキルが要求されます。基本的には女性が行うクリニック・病院が多いようで、近年、ピンクリボン運動に伴って急激に普及し、女性放射線技師の需要増にも繋がっています。

  • 骨塩定量検査(骨密度測定)

    骨塩定量検査とは、骨中のミネラル成分(カルシウム・マグネシウムなど)を測定し、骨の状態を診断するものです。ミネラル成分が足りなくなると、骨折しやすくなってしまいますので非常に重要な検査です。DEXA法など様々な手法がありますが、多くが放射線を用いたものです。骨密度測定をするには放射線技師が必須であるといえるでしょう。

  • 核医学検査

    RI検査とも呼ばれ、寿命の短い放射線物質を体内に注入し、その放射線物質を体外から撮影することによって臓器の機能や形態を調べる手法です。近年は従来の狭義RI検査のほか、PETやPET-CTを用いた検査が主流になって来ています。

  • 放射線治療

    放射線治療とはがんに対して有効な治療法の一つです。放射線物質が細胞を破壊する性質を利用して、がん細胞を破壊します。もちろん正常の細胞も破壊されてしまいますが、正常な細胞はがん細胞よりも回復力が高いので回復する時間を与えればがん細胞だけを減らすことが可能です。このような放射線治療を行う際にも放射線技師の存在は欠かせません。

《放射線不使用》

  • MRI撮影

    MRI撮影は強力な磁場を発生させる装置(MRI)の中に被験者を置くことで被験者の詳細な身体の内部の画像を撮影するものです。磁場を用いるので放射線は使いませんが、放射線技師が業務を行うことが許可されています。MRIは臨床検査技師も取り扱うことが許可されていますが、基本的にMRIとCTは同じ部署に配置されているため、放射線技師が取り扱うことが多いようです。

  • 超音波検査(エコー検査)

    超音波検査とは人体に超音波(振動)をあてて、その反射を映像化して内部の様子を調べるものです。超音波はあくまで「振動」ですので放射線技師ではなくても取り扱えます。実際には、超音波検査は放射線技師ではなく臨床検査技師が行っていることが多いようです。ただしその分、エコーのできる放射線技師は貴重で、必要とされる職場、求人では非常に重宝されます。

3.おわりに

このように、診療放射線技師は放射線を使った検査を中心に、様々な医療機器を使った検査を行います。プロのカメラマンが撮った写真と、素人が撮った写真とでは明らかな差があるように、技師のスキルによって画像の出来は変わります。医師が求めている通りの的確な写真を撮影できるようになるには多くの経験が必要です。また、画像の撮影は患者と近い距離で行われるので、患者を安心させるような接遇も必要です。今後も医療機器の発達に伴って放射線技師の業務は多様化していくと考えられます。

  • 国家試験の概要・合格率

    国家試験の概要・合格率

    放射線技師の国家試験の概要・合格率...

  • 施設形態による業務の違い

    施設形態による業務の違い

    大病院か専門病院かついてはこちら。