【臨床工学技士】転職成功の秘訣!

人生にそう何度もある訳ではない「転職」というイベント、誰であれ失敗はしたくないと思います。 以下に、後悔のない転職成功を目指すために必要なポイントをいくつか絞ってお話ししますので、 ご参考にしていただければ幸いです。

1.収入アップを目指した転職

収入アップを目指す上で、まず大切なのが正確な現状把握目標設定です。 弊社のエージェントにご相談いただく方にも、収入アップを優先順位ナンバーワンに据え置きつつも、 手取り給与と額面の違い、賞与を含めた前年度総支給額がよくわかっていらっしゃらない方は意外と多くいらっしゃいます。

「額面給与」とは、基本給、残業代や各種手当などの月額給与の総合計額のことを言います。 また、「手取り給与」はこの「額面給与」から、社会保険料や税金(所得税や住民税)などが天引きされた、 実際に受け取る金額のことを言います。

そして就職・転職の世界で内定時に提示される給与条件というのは、無論この「額面給与」を指します。

入職後、「思っていたよりも給与が少なかった!」という不満を抱かないようにするために、額面と手取り給与の計算は必要です。 (弊社のエージェントを利用する場合には、こういった点も踏まえて提案させていただきますのでご安心ください。)

現状把握をした上で、次に目標金額と妥協できる年収の最低ラインを決めましょう。

理由は、採用側で考えた時に、「良い方をできるだけ安価なコストで採用したい」と言うのが、 採用側としての至極真っ当な考えだからです。 転職活動は雇用における「契約」を結ぶ儀式です。

契約を結ぶためには、お互いの納得する妥協点を見つける交渉が必要となりますが、 労働者の立場としては希望の金額をはっきりとは言いづらいのが実際のところです。

実際の面接でよくある質問に、「給与の希望額はありますか?」という質問がありますが、 この質問は、エージェントをつけずに単独で面接に望んでいる場合には、大変答えづらい質問です。 大体の方は、心象が悪くなることを恐れて「御社(貴院)の規程に合わせます。」や、 「金額の希望は特にありません。」と答えてしまいます。

選考されるという求職者の立場上仕方が無いことではありますが、 全くないと答えてしまうと、年収アップを目的とした転職の意味がなくなってしまいますから、 まずはきちんと希望の金額と、できればその金額を志望する根拠、 また先方の提示金額がこちらの希望金額を下回る可能性があるようであれば、 最低限妥協できる金額もお伝えしておきましょう。

弊社の転職エージェントが間に入って交渉をする場合には、 そのあたりの不安をかなり軽減できるとは思いますが、 ご自身で交渉をされる場合には、言いづらい部分があることを覚悟した上で、 しっかりとお話できる準備をしておくことが重要です。

2.スキルアップ、希望の職務内容につくことを目指した転職

スキルアップを念頭に置いて転職を考える方は、臨床工学技士業務についてのある程度の基礎知識がついてきて、 自身の専門的知識や技術を更に追求したい、また好きな分野が明確になり、それを生業としたいと考えるような、 ある程度経験を積んできた方々が中心かと思います。

こういった、ピンポイントで特定のスキルが身につけられる職場や、特定の業務を軸に転職先を探す場合には、 まず通常の転職活動よりは期間を多めに見ておいたほうが良いと言えます。

理由としては、これらの求人募集がかかるタイミングというのが、多くの場合、 ベテランの技士が抜ける・異動するなどの欠員に伴っての募集だからです。

もともと臨床工学技士という職種は、病院やクリニックなどの医療現場での在籍割合が多い職種ではありません。

また、資格者の総数で言っても、医療専門職の中では寧ろ少数派と言えるでしょう。

もともと人数が少ない中での、欠員に伴った募集となると、そう求人数が多くないといえるのが現状です。

その為、こういった転職活動をされる方は、少なくとも3ヶ月〜半年程は、 該当する求人募集がかかった時にすぐに反応できるよう心構えをしておくべきです。

あとは、実際に面接にまでこぎつけることができた場合に、 ある程度の経験者であることを自覚して、自分が学びたいという受け身のアピールだけではなく、 「自分にはこれができます。」といった攻めのアピールをした上で、未だ自分が足りていない点として、 こういったところを学んでいきたいという話しかたをしましょう。

3. ワークライフバランスを考えた転職を目指す

臨床工学技士は、職務によってかなりのハードワークを強いられる場合があります。

また、オンコールや準夜勤などで、プライベートを犠牲にすることを強いられることも少なくありません。

そういったハードワークをこなす中で、よりワーク・ライフ・バランスを考えて転職活動される方がいるのは当然のことだと思います

ワークライフバランスを目的に転職活動をされる場合には、 残業時間や年間休日をよくよく確認しておくのも大事ですが、 難しいのは、これらの情報を折角事前に入手できても、実際に入職してみると条件とは違っていたり、 また事前に聞いていた勤務内容と違ったところが中にはあることです。

そういったリスクが一定割合で実際的にあることは承知した上で、 それをなるべく避けるために、情報の取得先を一箇所ではなく、 複数の情報元をあたることが賢明です。

例えば、既にその職場で働いている知り合いはいないか?また、 同期や友人、先輩等に相談をして何か内部の情報が無いかを事前に確認しておくのは勿論のこと、 最近ではインターネットでも職場の評判やクチコミ情報が無いかを確認しておきましょう。

弊社でも、医療従事者による転職クチコミサイト「病院転職ラボ」を運営しています。

志望する医療機関で働いている方による口コミ情報が無いか、是非ともチェックしてみてください。

4.転職成功の秘訣のまとめ

ここまでいくつかにポイントを絞って失敗しない転職の心構えをご紹介してきましたが、 まとめると「下準備」「情報収集」になるかと思います。

焦って転職をすると、後悔する可能性も増えますので、 早め早めに準備できるところから余裕を持ってはじめましょう。

  • 病院での業務

    病院での業務

    医療機器の高度化、チーム医療の推進...

  • 臨床工学技士の給与相場

    臨床工学技士の給与相場

    臨床工学技士の気になる給与相場について。